居心地の良い職場選びはどのようにしたらいいの?

サイト紹介

当サイト管理人は介護業界で10年働いている者です。介護職ならではの悩み相談に応じます。新しく介護業界へ転職してくる人や若い人が悩んでいることの参考になれば幸いです。ご相談やお問い合わせは>>コチラ

2016.8.11

ブラック求人の見分け方とは?

転職時に怖いブラック企業

転職活動中の女性から相談を受けました。「面接時に退職者がとても多いと聞いたのですが、こういう施設がブラックというのでしょうか?」この方は、二日間の見学を経てやはり就職するのは辞めたそうです。福祉施設はブラックが多いと聞きますが、では、どのように見分ければ良いのでしょうか。

転職時に怖いブラック企業

求人情報の中にヒント

ブラックなところにはなかなか人が定着しないので、人材が育ちません。求人情報の中で若さを売りにしている場合、平均年齢が妙に若い場合は要注意です。求人情報の中で「若い世代が活躍しています」という文言がある場合は平均年齢も若いということです。また、求人がずっと掲載されている。ハローワークに行ってもいつでも求人の募集が出ているというところも要注意です。常に人が足りないということは常に人が辞めているということですよね。こういう場合はハローワークの職員になぜずっと求人募集されているのか尋ねてみるのも良いでしょう。求人情報にかいてあるポジティブなキャッチフレーズは、ネガティブの裏返しということがあるかもしれないと念頭に置いておきましょう。

求人情報の中にヒント

ホームページもチェック

転職先のホームページは必ずチェックしましょう。転職先の情報を仕入れられる手段の一つだからです。ここではホームページのどこをチェックすれば良いのかをお教えます。まずはホームページがわかりやすいかどうかをチェックします。ホームページを見てどんなところなのかわかるでしょうか?もしなにをメインにやっているところかわからないようでしたら、そこはネット集客も考えてない危ういところとなります。ホームページが元々なかったり更新していない場合は、ホームページに頼らなくても安定している会社ということも考えられますが、簡潔にまとまっていないホームページの場合は将来的に危ういです。
また、ホームページの写真もチェックしましょう。若い男女がさわやかに写っている写真があったら要注意です。前項と同じ理由で、平均年齢が若いということは長く働く人がいないということです。

ホームページもチェック

面接で最終確認

残業については遅い時間にその転職先の近くまで行ってみるのも良いでしょう。外からでも事務所の明かりの様子や雰囲気はわかるものです。また、昼に行けば利用者とどのようにふれあっているかなども垣間みることができます。面接ではおそらく上司になる相手と話すことになります。このとき、この人が上司になって楽しく仕事ができるかをよく見極めましょう。この人と仕事するのは嫌だと思ったら迷わず避けましょう。

面接で最終確認

要チェック記事はこちら!